ブログ

【レビュー】 新築マンションの内覧! ホームインスペクションの費用公開!

2018年1月。購入した新築マンションの内覧会に行ってきました!

内覧会時のチェックがとても重要と聞きます。

だけど、素人の知識や準備で不安は消えないと思ったので、

ホームインスペクションに依頼することにしました。

ホームインスペクションは、第三者の目から部屋の出来をチェックしてくれる方の事。

一級建築士の資格を所持しているプロの方の目は、騙せないですね。

今回依頼させていただいたホームインスペクションの事務所を紹介します!

 

ホームインスペクションはさくら事務所がおすすめ!

僕が依頼したホームインスペクションの事務所は「さくら事務所」です。

メディアにも多数紹介されています。

チェックする道具も持参してくれるんで、助かりました。

作業中の写真を撮ろうと思ったんですけど、こまごまチェックなど、家具の採寸などあり、

写真とれてません(笑)

オートレーザーは初めて見ましたけど、部屋に傾きがないかの水平度合いをチェックする機器。

これが一目瞭然でわかりやすい!

ここで説明していただいたのが、傾きの範囲は、「1000分の3」というのがあるらしく

1mで3mmの傾きは問題ないとのこと。(人が作るものなので、多少の傾きは必ずある)

うちの壁側のリビングが長さ3m、傾きが2mmだったので、「施工レベルが高い証拠ですね」と施工会社をほめていたほど。

また、一番大事なチェックポイントであったり、住みだしてからの注意点などアドバイスがもらえました。

僕だけでチェックしてたら、絶対見てないだろうなという部分もあり、

隅々までチェックしてもらえたのが依頼者としてよかった点。

だって、素人がお風呂の天井裏とか見ます?

天井裏に換気口があり、ここが漏れてるとカビがすぐはえて、大変なことになります」とか素人じゃわかりませんよね?

プロの目線でチェックしていただけたのがとても良かったです。

棚の細かいキズも見逃しません!

ホームインスペクションの依頼料は?(さくら事務所の場合)

マンション内覧同行で4,5000円です。

マンションの広さが100㎡以下の方は、4,5000円です。

もちろん100㎡以下の広さなので、僕も4,5000円に該当します。

内覧だけで、4,5000円は高いなーと思うかもしれませんが、

数千万払ってるマンション、数十年は住む部屋の安心を手に入れるため安いと感じました。

また、最初は僕も+5000円でデータが必要と思ってましたが、内覧チェックの最終結果次第でキャンセルすることもできるということでしたので、キャンセルしました。

まさかの2人体制で内覧同行してくれた!

タイミングがすごくよくて、本来1人のはずが、研修もかねてる点から、2人の方が見に来てくれました。

どちらも一級建築士。お互いのチェックをどう見るかという研修込みで対応していただけたのが僕だけの唯一の特典だったかなと思ってます。

たまたまなので、これには期待しないようにしてください。

無料特典で火災保険をコンサルしてくれる

マンション提携の火災保険ではなく、以前ブログで紹介した価格ドットコム経由で契約した火災保険にしました。

価格コムで1つに絞り、そろそろ契約の段階で、さくら事務所の火災保険さんにコンサルしていただきました。

スカイプ等でやりとりしていただけるのだが、僕の都合も悪く、メールと電話で対応していただきました。

その時の回答がこちら

お見積書を確認させていただきました。

プランについては、こちらで充分な補償だと思います。

保険金額について
建物900万円:専有部分が全焼した場合に入居時の通りに補修するのに必要な費用となります。
      妥当な金額だと思われます。
家財700万円:ご入居の際に搬入されるお荷物(家電製品も含め)を
       再度購入する際に必要な費用となります。
      こちらも一般的な金額+少々といった感じですので、
      妥当なものだと思われます。

風災については、マンションですので、●●様がおっしゃる通り、
お見積り通りの免責を設定されても問題ないと思います。
共用部の被害は管理組合の保険で補償されるはずです。
(管理組合の保険もチェックしてくださいね。)

節約できるとすると、「地震火災費用保険」です。
地震による火災は、「地震保険」から出ます。
地震保険もセットしておられるので、上乗せの割合が5%程度であれば、
保険料金がどのように変わるのかによっては検討の余地がありますね。

また、「類焼補償」については、被害を受けた方の火災保険で足りない場合、また、
被害を受けた方が火災保険に入っておられない場合などに支払われます。
「みんな火災保険にははいってるでしょう・・・」ということで、
セットされない方も多いので、考え方によっては不要とできます。

その他は、無駄や不足の無い、リーズナブルなお見積りだと思います!

価格ドットコムと、さくら事務所のコンサルにより、ベストな火災保険に契約できたのは、良かった点です!

まとめ

まわりの意見はどうであれ、人生で高い買い物をする以上、プロの目の厳しいチェックが必要だと思い、ホームインスペクションを依頼

ここ最近は、部屋の状態も良いものが多く、そこまで酷いなーと思う部屋は少なくなってきているとのこと。

ただ、施工会社のスケジュールが遅れていると、ダメダメな状態もある。(クロスがはがれていたりとか)

野村などのブランドマンションでも施工会社次第では、クオリティが下がる場合があるので、やはりホームインスペクションを頼むと「安心」が買えると思います。

マンション購入シリーズはこちらから

[box class=”yellow_box” title=”あわせて読みたいマンション購入シリーズ”]

【リアル公開】マンションの頭金とマンション選びのコツ

フロアコーティングの見積り価格公開!

新居の火災保険選びは価格ドットコムが一番良い![/box]

最後に、画像を使わせていただいた、さくら事務所 大阪⇒公式HPへ